HOME>オススメ情報>住んでいない家は貸すことで有効活用が可能
スーツの男女

今住んでいる家に住まなくなるという事は、意外とよく起こるものです。特に仕事をされている方は、急に転勤になるという可能性もあるでしょう。せっかく住んでいるマイホームでも、その場合は住み続けることが出来ない場合もあります。家族で転勤についていくときなど、数年後に戻ってくる可能性があっても、その間は空き家になってしまいます。それは非常にもったいないものです。空き家にしている感も固定資産税などはかかってきます。メンテナンスも必要になるでしょう。そこで、家を貸すという事を考えてみましょう。貸したことによる家賃収入で税金やメンテナンス費用の負担を軽減していくことが可能になります。

空き家になっていると、家はどんどん傷んでしまうものです。人が住んでいれば風が通り、日々の掃除などで綺麗になる部分がありますが、だれも住んでいない状態で締め切っていると、家の中がかび臭くなってしまうなどという問題も起こってきます。長期間そのような形で放置することで、後で住むときに困ってしまう事もある物です。家を貸すことで人が生活するようになるので、締め切ってしまう事のデメリットを減らすことが出来るようになります。

家は資産の一つです。今使っていないからと言って価値が無いわけではありません。その価値をより生かすことが出来るように、有効活用していくという事を考えていきたいものです。その方法の一つが家を貸すことです。場所にもよりますが、ニーズの高いところでは高い家賃でも借り手が付くことがあり、収入として期待できることも多いのです。ただ眠らせていては全く増えることはありませんが、今は住んでいない家を貸すことによって収入を得ることが出来れば将来に向けて大きな助けとなります。

広告募集中